2016.11.8

肛門を美白するスキンケアが人気

今流行しているのがデリケートゾーンの脱毛です。
ビキニラインだけでなく、ナプキンが当たるIライン肛門周りのOラインも脱毛することで清潔感のある美しいデリケートゾーンを演出することができます。
ただし、デリケートゾーンを脱毛して気になるのが肛門周りの黒ずみです。
肛門周りは摩擦や常に湿度が高いことなどがあり、肌の色が黒ずんでしまいやすいパーツなのですが、ムダ毛があるときは目立たなかったこうしたデリケートゾーンの黒ずみが、脱毛したことにより目立つようになるため、気になる方が増えているのです。

そこで肛門などのデリケートゾーンもスキンケアをして美白ケアしたいと希望する方が増えています。
アメリカなどではセレブを中心にアナルブリーチングという美白スキンケアが流行していて、多くの方がピンク色のアナルを取り戻しています。

アナルブリーチングは、美白効果のある成分をアナルに塗布して放置することでスキンケア効果とホワイトニング効果を得るものです。
敏感なパーツなので、ピーリング系の漂白は行わずマイルドなハイドロキノンやビタミンCなどを使って行われます。
美容皮膚科クリニックなどで施術を受けることもでき、ホワイトニング効果のある薬液を塗布して放置したあとに、スキンケア効果のある乳液でパックして仕上げます。
こうした肛門の美白は自宅で専用クリームを使って行うこともできます。
クリニックやエステで美白ケアしてもらうのは恥ずかしいという方でもセルフケアなら自宅でマイペースに取り組むことができるでしょう。
こうしたアナルブリーチングでピンクのきれいな肛門になることができれば、大事な人の前でも女性としての自信を持って振舞うことができると好評です。